生産性UPできる名刺管理システム|面倒な作業が簡単に

導入価値が高いシステム

手

情報共有利便性

従来の名刺管理の方法といえば、名刺交換を行った担当者が各自でファイリングし、これを鍵をかけて保管したものです。しかし、この従来の方法では、名刺の整理に手間がかかる点と、情報を1人だけで保有する点で問題がありました。そこで、登場したのが名刺管理システムです。名刺管理システムとは、スキャンやスマホで撮影するだけで、クラウドにデータを保存することができるものです。データ化することで分類が簡単に行えるとともに、いつでも誰でも名刺の情報を確認することができる点で、高い評価を得ています。これによって、無駄な業務を減らすことができ、人脈をフルに活かした営業活動が行うことができますから、導入を行う企業が増えています。

セキュリティ

上記のとおり、業務の効率と生産性を高める名刺管理システムの導入は、貴社でも検討すべき課題だと思われます。その一方で、「セキュリティは大丈夫なのか」と心配する経営者の方もいらっしゃることでしょう。この点、有料の管理システムの場合は、セキュリティ対策がしっかり行われており、情報漏えいの心配はほとんどないと言えるでしょう。名刺管理システムのセキュリティ対策に関する判断基準としては、販売業者がPマーク(プライバシーマーク)を取得していることが考えられます。Pマークは第三者機関が、個人情報保護の体制を持つ企業と認定した証となるものですから、大いに参考になります。また、システムの機能として、暗号化技術やIPアドレスの制限などが備わっていれば、安全性はかなり高いと言えるでしょう。セキュリティ対策とコストの問題さえクリアすれば、名刺管理システムは導入する価値が非常に高いものです。

驚くほどの営業成果

毎日忙しい営業マンの作業効率を飛躍的に高めるのが、営業支援システムです。これは多くの成果を出す人の行動パターンを分析することで、営業マンの誰もが結果を出せるようになるサービスです。マネジャーの管理も楽になり、適時指示が出せるようになります。

どのようにアピールするか

現在、展示会の会場の設営には、施工業者の協力が必須です。会場の不利な位置にあるブースにも、来場者が必ず足を止める工夫が見られます。展示会を成功に導くことは、最終的に会社の利益に繋がります。展示会で人を集めるためにも、施工業者の存在は外せません。

見本市への出店

製造業にとって、展示会は大きな販促の機会です。展示会を成功させることが売り上げアップに繋がります。ただ、会場のコマ割りや位置によって、不利となる場合が結構あります。そのような場合でも、アピール性の高い装飾を施すことで、多くの人を集めることが可能です。