見本市への出店|生産性UPできる名刺管理システム|面倒な作業が簡単に

生産性UPできる名刺管理システム|面倒な作業が簡単に

見本市への出店

ウーマン

アピール性の高さ

製造業にとって、展示会に出展することは大きな意味があります。単に商品を世間に知らしめるだけでなく、企業同士の結びつきも強くする機会になります。そのため、展示会への出店は、アピール性の高さが必須となります。しかし、展示会ブースは広さの制限があります。場所を広く取れる会場であっても、1コマ5平方メートルにも満たない現実があります。大手企業であれば、何コマも独占することができますが、大概の出店業者は1コマだけという所が殆どです。しかし、小さな1コマだけのブースであっても、装飾次第では大企業に負けないアピールができます。展示会で勝つためには、ブースの広さでも奇抜性でもなく、正当なアピールとそれに適した装飾なのです。

人が足を止めるブースに

展示会の会場内では、人が多く集まるブースとそうでないブースとに分かれてしまいます。人が足を止めるブースには、その企業の魅力が現れているといいます。何をどのようにアピールするのか、人の興味を引く内容のブースは、常に人だかりがしています。展示会のブースは、位置によって人が足を止めやすい場所があります。しかし、コマ割りは抽選のため場所を選べません。ただ、位置的に不利となっても、装飾を工夫することで、人を集めることは可能です。プロの施工業者が提案する装飾では、心理的に働きかける効果が覗えます。また、説明員の立ち位置も大きく影響します。一見さりげないと思われる装飾や働きかけが、人集めの極意とも言えるのです。